• 技術が集うTECH GUILD

    前回記事のRailsバージョンをVueで表示する際、
    http://localhost:8080からhttp://localhost:3000がクロスドメイン通信になっており、CORSへの対応が必要でした。

    今回CORSへの対応をrack-corsでの対応を試しました。

    参考サイト:https://qiita.com/tanshio/items/f35efa7321066d60fc62

    概要

    1. Rails側
      1. rack-corsのインストール
    2. Vue側
      1. 動作確認

    詳細

    rack-corsのインストール

    Gemfile
    group :development, :test do
      gem 'rack-cors', :require => 'rack/cors'
    end

    bundle installする

    application.rb
    ~~省略~~
        # Don't generate system test files.
        config.generators.system_tests = nil
    
        if Rails.env.development?
          config.middleware.insert_before ActionDispatch::Static, Rack::Cors do
            allow do
              origins '*'
              resource '*',
                :headers => :any,
                :methods => [:get, :post, :options, :patch, :delete]
            end
          end
        end
      end
    end

    動作確認

    エラーが出ず、バージョンが表示されていることを確認しました。

    ソースはこちら(GitHub)

    https://github.com/inaishunsuke/rails-vue-sample-version


    コメント一覧

    返信2018年12月18日 23:13

    【Railsサンプルアプリ】RailsのバージョンをVueで表示 | TECH GUILD23/

    […] 次の記事はこちら【Railsサンプルアプリ】Rails – VueアプリのCORS対応 […]

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください