• 技術が集うTECH GUILD

    Bitbucketを使い始めました。

    前回、gitコマンドでcloneする方法を試しました。

    今回、GUIから確認もできるよう、Sourcetreeをインストールし、設定してみました。

    概要

    1. Sourcetreeインストール
    2. Sourcetreeの設定
    3. SSH鍵ペアの生成
    4. リポジトリ設定の追加
    5. clone実行

    詳細

    Sourcetreeのインストール

    Sourcetreeの公式サイトからダウンロードします。

    2019年1月時点で最新版は3.0.1でした。
    macOSのバージョンによって最新版がインストールできない場合は、過去版があります。
    https://www.sourcetreeapp.com/download-archives

    ダウンロードしたzipを展開し、appファイルをアプリケーションフォルダにコピーし、起動します。

    インストールウィザードに沿ってインストールを進めます。アカウントの設定はスキップします。

    リポジトリ設定

    アプリを起動します。

    Sourcetreeの設定

    ファイルの保存先はデフォルトでユーザのホームディレクトリ直下となっているので、好みに合わせて任意のディレクトリに変更します。
    私は「/Users/{ユーザ名}/git」にしました。

    SSH鍵ペアの生成

    Bitbucketサーバに接続するために、SSHの鍵ペアを生成します。

    詳細は、過去記事を参照してください。

    リポジトリ設定の追加

    Bitbucketにログインし、リポジトリの画面から「クローンの作成」をクリックし、リポジトリのパスをコピーします。

    「git@bitbucket.org:{プロジェクト名}/{リポジトリ名}.git」です。冒頭のgit cloneは不要です。

    Sourcetreeアプリで、「新規」->「URLからクローン」をクリックします。

    ソースURLに先ほどコピーしたリポジトリパスを貼り付けます。

    clone実行

    「クローン」ボタンをクリックします。

    ダウンロードが完了するとソースの詳細画面が見えます。

    まとめ

    GitのGUIクライアントアプリSourcetreeを使って、Bitbucketに接続しました。


    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください