• 技術が集うTECH GUILD

    「とりおとし」というボードゲームをVRアプリ化できないか検討しました。
    恐らく長い話になると思うので、少しずつ軌跡を記事にしていきます。

    原作はこちら:とりおとし

    アプリの概要

    どのようなゲームにするかを考えます。
    仮想空間に部屋があり、そこに人が集まって机の上でボードゲームをするのが、オーソドックスに思いつきます。
    現実に模したボードや駒を用意し、それらを動かしながらゲームを進行させるのです。

    UI構築

    アプリの主なUI部分を作ってみたいと思います。

    部屋の作成

    部屋は、平面を組み合わせ、表面にテクスチャを貼ればできます。
    部屋の外は<a-sky>に画像を貼ります。
    床はテクスチャを貼りました。
    フリーの素材から探しています。

    机の作成

    机は円柱4本と薄い(高さの小さい立方体)を使いました。

    ゲームボードの作成

    高さの小さな直方体に表面にテクスチャを貼りました。

    指示カード

    とりおとしには指示カードという山札があります。
    これはユーザの視点に固定していつでも見えるものにしてみたいです。

    その他

    実験的に、立方体をオブジェのように置いてみました。
    動きをつけるために回転させています。
    また、ユーザへのメッセージは、白文字で画面中央に表示しました。
    まだ日本語対応できず、アルファベットで表示しています。
    恐らく日本語フォントが必要です。

    今後、少しずつ改良を加えて行きたいと思います。

    GitHubにソースコードを載せました。

    実行結果はこちら


    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください