• 技術が集うTECH GUILD

    杖を振ったら、LEDが流れるように光らせたいと思い、micro:bitを使って作ってみました。

    材料

    以下の材料を用意しました。

    • micro:bit x 2
    • LEDテープ
    • 乾電池(3本)&電池ボックス
    • USBモバイルバッテリー
    • ワニ口クリップ x 3
    • 広告チラシ(杖の作成用)

    LEDテープは、Amazonに売っていたものです。

    ALITOVE LEDイルミネーション LEDテープ WS2812B アドレス可能 LEDテープライト 5050 RGB SMD 1 m 60個ピクセル夢色 防水IP67 ホワイトPCB DC 5V (1580円)
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MRQWPZF/

    調べてみると、WS2812BとはNeoPixelシリーズだそうで、micro:bitから扱えることがわかりました。

    プログラミング

    プログラミングは、iPhone版micro:bitアプリを使いました。
    恐らく操作はPCブラウザ版のMakeCode Editorとほぼ同じと思います。

    NeoPixelは、初期状態でメニューにはなく、歯車アイコン->Extensionsからインストールしました。
    Bluetoothのブロックと併用はできないようです。

    受信側

    送信側

    配線

    NeoPixelのブロックで端子をP1としているので、micro:bitの1番端子をLEDテープのdata線に繋げます。
    (P0をスピーカーに繋いでいるため、P1としました)

    LEDテープは5V電源を必要とするので、電池ボックス(4.5V)のプラスとGNDを接続しました。
    micro:bitのGNDにも接続します。

    モバイルバッテリーはmicro:bitの電源として、USBで接続します。

    杖側のmicro:bitは、形状の都合上ボタン電池ホルダーにしました。
    広告チラシを丸めて先端に輪ゴムで留めました。

    動作結果


    魔法の杖のように、楽しく遊べました。


    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください